賢く、便利にカードローンを利用する

カードローンとは本人の確認等に応じ無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです。

クレジットカードに付帯されているキャッシングとよく間違われやすいですが、キャッシングは融資を受けた翌月に一括払いで支払いをすることが原則となっています。

カードローンと一言でいっても数種類特徴があります。

多額の借り入れなどの場合に有効的な、低金利タイプ。

無利息の期間があり、短期間で完済が可能な場合に有効的な無利息期間があるタイプ。

突然の出費で急に現金が必要になった時に有効的な、即日借り入れ可能なタイプ。

審査は厳しいが、金利が低めなことが多い銀行のカードローンなど、種類も特徴もさまざまなのです。

現在では店頭で申し込み、審査を受けるだけではなく、ある一定の条件さえ満たしていればパソコンなどのインターネットで申し込みから借り入れまで済んでしまう会社さえあります。

借り入れを考えていても店頭に行くのには場所が遠かったり、借り入れまでに時間の余裕がある場合には便利な手段の一つといえます。

また支払い方法は多くの会社の場合、残高スライド元利定額リボルビング方式で借入残高によって段階的に決められた金額を毎月返済していく仕組みになっています。

返済額の中に利息が含まれるため元金が減りにくい特徴もあります。

返済場所も多様で口座からの引き落としや銀行のATMやコンビニなどの身近なATMで返済可能なこともあり、自分にあった方法を選びやすくなっています。

このような特徴をふまえ、賢く便利に利用することは日々の生活でゆとりを生むことにもつながってくるのです。

カードローンとキャッシングは何が違うのか?

個人が金融機関からお金を借りるためのサービスにはカードローンやキャッシングといったものがあります。

また、キャッシングローンのように両者をあわせたような言葉を耳にすることもあります。

多くの人はこれらの言葉に対して特に意識することなく同じようなサービスとして捉えていますが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、どの言葉も基本的には金融機関が個人向けに行う無担保・無保証人の融資サービスという点では違いがありません。

利用者は金融機関と契約を結んでお金を借り、それを一定の利息とともに返済していくことになります。

よく、カードローンは銀行の行う融資サービスで、キャッシングは消費者金融など貸金業者の行う融資サービスだと勘違いしている人もいますが、これは正しくありません。

では両者の違いは何かというと、カードローンは厳密には金融機関の発行するカードを使ってお金を借り、借りたお金を分割で返済していくサービスを指します。

一方でキャッシングは借りたお金を一括で返済するのが前提となっているので、この点が大きく異なる点です。

ただし、最近になって両者のサービスが混同されるようになってしまった理由として、これまでは一括返済が前提であったキャッシングにもリボ払いなどの分割払いが採用されるようになったことがあります。

これによって、事実上は両者の差がなくなったと言って良いので、特に言葉を意識する必要はありません。

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分

参考サイト